みん経トピックス

特集

缶詰コラム2018-10-02

缶詰博士のコラム「缶詰酒場めぐり」/第1回「東京・銀座 ロックフィッシュ」(その1)

 賞味期限が長く、おいしい缶詰は、飲食店の食材としても優秀。缶詰を上手に使ったメニューを提供する店を本紙論説主幹(缶)・黒川勇人が紹介します。

 星のごとくバーが並ぶ銀座の中で、古びたビルの7階に、ひっそりと身を隠すように営業しているのがバー「ロックフィッシュ」。2002年に開業し、今では銀座のバー文化の一翼を担うほどの存在だ。  店主は愛媛県出身の間口一就さん。大阪のバーで働いた後、北浜に「ロックフィッシュ」を開業。2002年に銀座へ進出した。

 ここのハイボールは誠においしい。サントリーの角をたっぷりと使い、ウィルキンソンの炭酸で割って、レモンピールでさっと香り付けをする。ただそれだけの素朴なものだが、氷は一切入れず、代わりに酒も炭酸もグラスも、きりっと音がするほど冷やしてある。

 とある残暑の日、久しぶりに出掛けてみた。蒸し暑い日には同店のハイボールが何よりも恋しいのだ。

 ドアを開けると、間口さんと増谷さんが迎えてくれた。増谷さんは間口さんの片腕のバーテンダーである。カウンターに腕を乗せ、真ちゅうの足掛けに足を休めたところで、目の前にハイボールが出てきた。この店では特にオーダーをしない限り、ハイボールが出てくる。他にも酒はあるのだが、客の99.9%はハイボールを頼むという珍しいバーでもある。

 そして、ここの酒の名物が缶詰を使ったツマミなのである。

「今日は缶詰を味わいたいんですよ」

 「ではオイルサーディンをお出ししましょうか」

 ロックフィッシュのもう一つの魅力は多彩な肴(さかな)。中でも缶詰を使ったメニューが25種類もあり、それぞれに独自の工夫が凝らされている。オイルサーディンとスコッチエッグはその代表選手である。

 増谷さんがきびきびと動き、肴を作っていく。その様子を眺めながら口に運ぶハイボールがたまらなくおいしい。

 ハイボールで胃が程よく刺激された頃合いで、オイルサーディンが出てきた。銀色に輝く小さなカタクチイワシから、たまらない匂いが立ち上ってくる。

 オーセンティックなバーでは定番ともいえるオイルサーディンだが、ここでは缶詰の油を少々抜き、しょうゆをさっと掛け回して直火で炙(あぶ)り、実山椒(さんしょう)を載せて提供される。

 使うのは京都の老舗缶詰メーカー・竹中罐詰のものにこだわっている。あえて脂の乗りきらない小さなイワシを使うのは、脂よりも身肉のおいしさを味わってほしいからだ。

 和のテイストが加わったイワシが絶佳。困ったものだ。ハイボールが進んでしまう。心地よくホロ酔いとなり、もう一品、缶詰のツマミを頼みたくなった。

(続く)

ロックフィッシュ
東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル7F
TEL 03-5537-6900
営業時間 (月~金)15時~22時30分
(土曜・日曜・祝日)14時~17時30分
日曜営業(不定休)

最新ニュース

フォトフラッシュ

 健康志向を背景に大きく売上高を伸ばしているサバ缶が今春、長年の王者だったマグロ缶を抜いて魚介類缶詰トップの座に着いた。DHA、EPAを豊富に含み美容にもいいことから、缶詰を食べる習慣がなかった若い女性層にも支持されるようになり、ブームは終わる気配を見せない。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング