みん経トピックス

ヘッドラインニュース

ポスト「サバ缶」 伸張するイワシ缶市場を分析する

ポスト「サバ缶」 伸張するイワシ缶市場を分析する健康志向を背景に大きく売上高を伸ばしているサバ缶が今春、長年の王者だったマグロ缶を抜いて魚介類缶詰トップの座に着いた。

松葉ガニを丸ごと使った高級缶 カンナチュールが発売

松葉ガニを丸ごと使った高級缶 カンナチュールが発売京都の食の台所・錦市場に近接する「カンナチュール」(京都市中京区)が、年末のギフト商戦を前に雌の松葉ガニの缶詰を発売した。

木の屋石巻水産 今年は順調にサンマ缶製造

木の屋石巻水産 今年は順調にサンマ缶製造木の屋石巻水産(宮城県石巻市)が10月、今期分のサンマ缶詰の製造を開始した。

明太子味のツナ缶「めんツナ」 10万缶突破でプロントとコラボも

明太子味のツナ缶「めんツナ」 10万缶突破でプロントとコラボも長年にわたり魚介缶詰の生産量トップを誇ったツナ缶が、健康志向を背景に人気のサバ缶に抜かれた。

焼き鳥のホテイ 1日分のビタミンC含むフルーツ缶発売

焼き鳥のホテイ 1日分のビタミンC含むフルーツ缶発売3人に1人が65歳以上という超高齢化社会の到来を前に、缶詰も美容と健康を意識した商品が増えつつある中、焼き鳥缶で知られる…

東北の異業種3種がコラボ開発 缶詰「brew」シリーズのギフト販路広がる

東北の異業種3種がコラボ開発 缶詰「brew」シリーズのギフト販路広がる東北の異業種3社が共同開発したグルメ缶詰「brew」シリーズが5月の発売以来、着実にギフト需要に応じた販路を広げている。

「ひろしま牡蠣の土手鍋缶」売り上げ堅調 「この世界の片隅に」バージョンも

「ひろしま牡蠣の土手鍋缶」売り上げ堅調 「この世界の片隅に」バージョンもヤマトフーズ(広島市西区)が昨年12月に発売した、広島県の郷土料理・カキの土手鍋を缶詰化した「ひろしま牡蠣(かき)の土手…

累計販売数9億超 アウトドアに「ノザキのコンビーフ」の手巻きずし

累計販売数9億超 アウトドアに「ノザキのコンビーフ」の手巻きずし登山やハイキングなどアウトドアの食事に便利な缶詰だが、今回はみんなの缶詰新聞論説主缶(幹)の缶詰博士、黒川勇人のレシピか…

中性脂肪を下げる機能性表示食品「減塩さんま蒲焼きN」 マルハニチロが発売

中性脂肪を下げる機能性表示食品「減塩さんま蒲焼きN」 マルハニチロが発売健康志向の高まりを受けヘルシーな缶詰の商品開発に力を入れるメーカーが増える中、マルハニチロ(東京都江東区)が9月1日、中…

SSK「うまい!秋刀魚醤油煮」を使って「さんまのはりはり」

SSK「うまい!秋刀魚醤油煮」を使って「さんまのはりはり」秋の味覚の代表格サンマ――鮮魚を自宅で調理するのは苦手という人も、スーパーやコンビニで購入した缶詰を使えば、いつでもおい…

【トレンド缶】鹿児島・南海食品「さつま揚げ」缶が人気土産に 海外の料理とコラボ

【トレンド缶】鹿児島・南海食品「さつま揚げ」缶が人気土産に 海外の料理とコラボ鹿児島の南海食品(鹿児島市谷山港3)が昨年12月に発売した、さつま揚げを原料としたユニークな缶詰が、鹿児島の代表的な繁華…

子ども向けタイムカプセル「タイム缶詰」作り 宮城の缶詰工場で人気に

子ども向けタイムカプセル「タイム缶詰」作り 宮城の缶詰工場で人気に宮城県にある缶詰工場で、小中学生を対象とした缶詰作りが話題を集めている。

減塩でヘルシー 「マイルド」の名を冠した国分の缶詰シリーズ、10万缶突破

減塩でヘルシー 「マイルド」の名を冠した国分の缶詰シリーズ、10万缶突破近年の健康志向の高まりを受け国分グループ本社(東京都中央区日本橋1)が2月に発売した「缶つま」シリーズが、これまでに合計…

カニ缶の値段の差 書籍『くらべる値段』で明らかに

カニ缶の値段の差 書籍『くらべる値段』で明らかに「くらべる」をテーマに古今東西あらゆるものの違いを左右にレイアウトした写真と文で一目瞭然に解説する「くらべるシリーズ」(…

日本一小さな缶詰会社の「牡蠣みそ」缶が話題 輸出も視野に

日本一小さな缶詰会社の「牡蠣みそ」缶が話題 輸出も視野に京都の食の台所・錦市場から徒歩1分の場所にある缶詰工場「カンナチュール」が製造する「牡蠣(かき)みそ」缶が話題となってい…

1   |   2      次へ      

最新ニュース

フォトフラッシュ

 健康志向を背景に大きく売上高を伸ばしているサバ缶が今春、長年の王者だったマグロ缶を抜いて魚介類缶詰トップの座に着いた。DHA、EPAを豊富に含み美容にもいいことから、缶詰を食べる習慣がなかった若い女性層にも支持されるようになり、ブームは終わる気配を見せない。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング