みん経トピックス

明治屋が2023年秋冬の新商品 トリュフ味のコンビーフなど

明治屋が2023年秋冬の新商品 トリュフ味のコンビーフなど

「おいしい缶詰 大人のプレミアムコンビーフ(トリュフ味)」

写真を拡大

 明治屋(東京都中央区)が8月26日、2023年秋冬の新商品を発売した。「おいしい缶詰 大人のプレミアムコンビーフ(トリュフ味)」「日本のめぐみ 山形育ち黄桃」の2品で、全国の明治屋ストアーなどで扱う。

「日本のめぐみ 山形育ち黄桃」

  「おいしい缶詰 大人のプレミアムコンビーフ(トリュフ味)」は、世界的にトレンドが続いているトリュフ味をコンビーフで初めて採用した。トリュフオイルのほか、トリュフ粉末も使うことで芳醇(ほうじゅん)な香りを加えている。

 明治屋の野中成史さんは「物価高のため家飲み機会が増えており、自宅でもちょっとしたぜいたくを味わいたいお客さまへ向けて開発した」と話す。内容量85グラムで、価格は734円。

 「日本のめぐみ 山形育ち黄桃」は、国産の黄桃ならではのきめ細い果肉と香り、ジューシーさが特徴。食べやすいよう、くし切りにカットしてある。内容量215グラムで、価格は432円。

 本誌論説主缶(幹)の黒川勇人は「プレミアムコンビーフはトリュフの香りが想像以上に強くて満足できる。山形育ち黄桃は緻密な食感と甘さがあり、ヨーグルトと合わせると朝食にぴったり」と話す。

最新ニュース

フォトフラッシュ

名古屋名物「あんかけスパゲティ」の元祖であるスパゲッティヨコイ(名古屋市中区)とホテイフーズコーポレーション(静岡県静岡市)が共同開発した缶詰「ヨコイのあんかけスパゲッティ」の販売が9月11日、始まった。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング