みん経トピックス

ポスト「サバ缶」 伸張する…明治屋、浅田飴と缶詰と落語…

モンマルシェが5,000円のツナ缶発売 世界最高峰目指す

モンマルシェが5,000円のツナ缶発売 世界最高峰目指す

「オーシャンプリンセス 鮪(まぐろ) とろ BLACK LABEL(ブラックレーベル)」の中味。

写真を拡大

 高級ツナ缶の販売で知られるモンマルシェ(静岡県清水市)が11月27日の「いいツナの日」に合わせて5,000円のツナ缶を発売する。

「オーシャンプリンセス 鮪(まぐろ) とろ BLACK LABEL(ブラックレーベル)」のパッケージ

 商品名は「オーシャンプリンセス 鮪(まぐろ) とろ BLACK LABEL(ブラックレーベル)」。夏に日本近海で一本釣りしたビンナガマグロのトロ部分だけを使うのは既存商品「鮪とろ」(1,200円)と同じ。しかし同社の仕入れ担当者の目利きにより、さらに良質の原料を厳選している。使用するオリーブ油は2017年国際オリーブオイルコンテストで最優秀賞を受賞したスペイン・エルドラード社の「ブラックレーベル」で、フルーティーな風味がツナ本来の味を引き立てるという。

 同社ダイレクトマーケティング事業部の河野雄士さんは「骨回りのおいしい部位を切り出すのは繊細な作業だが、それができる熟練スタッフは少ない。世界最高峰のツナ缶を作れるのは今しかないと思った」と話す。一缶ごとに製造番号を入れた保証書を付け、月平均50缶の製造を目指す。

 同社オンラインショップや直営店のみで販売。内容量は90グラムで、価格は5,000円(税別)。11月27日発売に向け予約を受け付けている。