みん経トピックス

「ゴルゴ13」オイルサーデ…

番組「教えてもらう前と後」で缶詰特集 みんなの缶詰新聞が情報協力

 滝川クリステルさんが司会を務める教養バラエティー番組「教えてもらう前と後」(MBS系)で12月4日、「缶詰特集」が放送された。

番組内で紹介された「イワシのトマトパッツァ」缶

 芸能界きっての缶詰通として知られる春風亭昇太さんをナビゲーターとする構成。番組にはツナ缶を抜いて売り上げトップとなったサバ缶を皮切りに、ポスト・サバ缶の呼び声高いイワシ缶、こだわりのコンビーフ缶、間引きした桃を使うフルーツ缶、イノシシ肉を原料とするジビエ缶、世界でも珍しいカップケーキ缶が登場した。

 サバ缶の製造現場は、宮城県の木の屋石巻水産の工場を取材。石巻港に揚がった新鮮なサバを刺し身にできる鮮度のまま手で詰めるラインの映像が放映され、サバ味噌(みそ)煮缶は、製造直後よりも1年後の方が食べ頃という知識も披露された。

 ポスト・サバ缶と呼ばれ、今年に入り急速に売り上げを伸ばしているイワシ缶については、女性を中心とした新しい顧客を取り込むコラボレーション事例を取材。極洋(東京都港区)が3月に発売したカゴメ(東京都中央区)の濃縮トマト入りのソースでイワシを柔らかく煮込んだコラボ商品「いわしのトマトパッツァ」を紹介した。

 特集の中盤に登場したのは、みんなの缶詰新聞・論説主缶の黒川勇人。明治屋(東京都中央区)の「プレミアムほぐしコンビーフ(粗挽き黒胡椒味)」、「東北育ち まるごと若桃 ほんのり桃リキュール仕立て」、島根県美郷町の「おおち山くじら」のイノシシのジビエ缶、トーヨーフーズ(東京都千代田区)の「どこでもスイーツ缶 カップケーキシリーズ」について解説。試食ではいずれの缶詰も出演者に好評を博していた。

 今回の特集は、みんなの缶詰新聞が情報面で協力した。