みん経トピックス

【トレンド缶】ポスト・サバ…【新缶】サラダにも使えるサ…

【旬缶】ロングセラー「ちょうしたのかばやき・さんま」のとろろわさび丼

 朝と夕に秋の気配が漂い始めると季節の味覚、さんまが食べたくなる。昨年、一昨年と不漁が続き、今年も高値が伝えられるが、こんな時に頼もしいのがスーパーやコンビニでも安定して購入できる「ちょうしたのかばやき・さんま」だ。

「ちょうしたのかばやき・さんま」の外缶写真

 2017年度まで7年連続で漁獲量日本一を記録した国内屈指の銚子漁港(千葉県銚子市)には多くの缶詰企業が集まる。同商品を製造するのは、1929(昭和4)年創業の老舗「田原缶詰」。「ちょうした」の「た」は、「田原缶詰」の最初の一文字「た」からきたもので、銚子漁港との関係の深さを物語る。

 同商品は、昭和30年代に試行錯誤を繰り返し完成させたさんま蒲焼きの缶詰で、半世紀以上の人気を誇るロングセラー。ご飯にのせるだけで食欲がそそる蒲焼き丼になるが、実は、わさびと相性が良い。まず、炊きたての白飯に缶詰の汁をかける。そして蒲焼きをのせ、長芋のとろろをトッピング。そこに練りわさび、海苔をちらせば出来上がり。夏にたまった疲れも吹き飛ぶ缶単な一品だ。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 宝幸(東京都品川区)は特製みそをベースに唐辛子など32種類のスパイスをブレンドした調味料「赤から」を使った鍋や鶏の焼き物などを展開する甲羅とコラボレーションしたさば缶「赤からさば」を発売した。開発担当者が店に通って赤から鍋の味を確かめ、同じ味になるまで半年以上の試作期間を経たという。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング