みん経トピックス

明治屋がバレンタイン義理カ…ホテイ、塩レモン味など2種…

極洋が春の新商品発表会 飲食店の人手不足などにもケア

極洋が春の新商品発表会 飲食店の人手不足などにもケア

「SABAKANさばのグリル ジンジャーソース」パッケージ

写真を拡大

 極洋(東京都港区)が2月20日、都内で2020年春の新商品発表会を開いた。

展示会の様子

 共働き世帯や単身世帯の増加、人手不足が深刻化するプロの調理現場など、社会環境の変化へ対応するためメインコンセプトを「Value & Solution」と設定。時短・簡便と健康の両立や、魚のおいしさの再認識をテーマとする商品44品を発表した。うち缶詰の新商品は9品。

 「SABAKANさばのグリル ジンジャーソース」はすり下ろしたショウガとニンジンを使ったしょうゆ仕立てのソースで味付け。試食会では五穀米と一緒に盛り付けた時短メニューを披露し、魚が苦手な子どもにも食べやすいアレンジを提案した。

 「SABAKANさばのグリル ソルト&ハーブ」は香ばしく焼いたサバをローレルや香味野菜入りのソースで味付け。洋風ながら日本人がなじみやすい味に仕上げた。

 9種類の新商品は一部を除き3月1日発売予定。価格は全てオープン。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 北海道の畜産企業ノベルズグループで6次産業化、食品事業を推進するノベルズ食品(北海道河東郡上士幌町)が2015(平成27)年6月に発売した「十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ(白)」と2020年1月発売の「十勝ハーブ牛と黒胡椒で作ったコンビーフ(黒)」のシリーズが累計20万缶の売れ行きを見せている。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング