みん経トピックス

宮城・木の屋石巻水産、新商…極洋が秋の新商品発表 健康…

静岡県のB級グルメ「富士宮やきそば」 ホテイフーズが缶詰化

静岡県のB級グルメ「富士宮やきそば」 ホテイフーズが缶詰化

「富士宮やきそば」缶

写真を拡大

 ホテイフーズコーポレーション(静岡市)が8月1日、「富士宮やきそば」を発売する。

小麦粉から作ったやきそばを缶詰化するのは同社が初めてで、コシのある麺や「肉かす」と呼ばれるラードを絞った後の背脂を加えるなど、静岡県富士宮市のB級グルメ富士宮やきそばの特徴を再現している。

 同社の水野拓真さんは「レトルト殺菌によって麺が柔らかくなってしまうため、何度も調整を繰り返した。開発には約1年半かかった」と話す。

 本誌論説主缶(幹)の黒川勇人は「焼きたてのようなコシはないが、麺がふやけておらず、もちもちとした食感が味わえる。静岡県の新たなお土産候補に育つのでは」と話す。

 内容量は110グラムで、価格は540円。静岡県内の土産店やホテイフーズコーポレーションのオンラインショップで販売予定。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 黒潮町缶詰製作所(高知県黒潮町)が高知工科大学の学生と連携して、戦争に苦しむウクライナ避難民などの人道支援を目的に、高知産の食材を使ったウクライナ料理の缶詰を開発した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング