みん経トピックス

国分グループ本社が缶つまの新商品 レモンサワーに合う「国産 牛すじ煮込み」

国分グループ本社が缶つまの新商品 レモンサワーに合う「国産 牛すじ煮込み」

缶つま「国産 牛すじ煮込み」

写真を拡大 地図を拡大

 国分グループ本社(東京都中央区)は9月5日、缶つまシリーズの新商品として「国産 牛すじ煮込み」を発売する。開発コンセプトを「レモンサワーに合う」とし、伸長を続けるレモンサワー市場に対応する。

 同社の青木杏里さんは「味付けは少し甘めのしょうゆベース。牛すじの脂がレモンサワーに合うはず」と話す。既存商品の「牛すじこんにゃく」は9月以降に終売の予定。

 本誌論説主缶(幹)の黒川勇人は「国産の牛すじはカットが大きく食べ応えがある。パッケージには「湯せん専用」と表記してあり、おいしく食べるための情報として有益」と話す。

 内容量は75グラムで、価格は540円。

最新ニュース

フォトフラッシュ

名古屋名物「あんかけスパゲティ」の元祖であるスパゲッティヨコイ(名古屋市中区)とホテイフーズコーポレーション(静岡県静岡市)が共同開発した缶詰「ヨコイのあんかけスパゲッティ」の販売が9月11日、始まった。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング