みん経トピックス

極洋が秋の新商品発表 健康…国分グループ本社が缶つまの…

こまち食品工業が「梅干し缶」発売 塩分6%

こまち食品工業が「梅干し缶」発売 塩分6%

「梅干缶」のパッケージ

写真を拡大 地図を拡大

 こまち食品工業(秋田県三種町)が8月1日、「梅干缶」を発売した。紀州南高梅で最高級とされるA級の梅干し(サイズはL)を使い、1缶当たり6~7粒を詰めた。梅干しの塩分は6%で、賞味期間は3年。

「梅干缶」の中身

 本誌論説主缶(幹)の黒川勇人は「塩分6%の梅干しが、缶に直接触れた状態で3年間保存できることに驚いた。梅干し業界にとっても朗報」と話す。

 内容量は約80グラムで、価格は734円。同社オンラインショップなどで販売。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 黒潮町缶詰製作所(高知県黒潮町)が高知工科大学の学生と連携して、戦争に苦しむウクライナ避難民などの人道支援を目的に、高知産の食材を使ったウクライナ料理の缶詰を開発した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング