みん経トピックス

カニ缶の値段の差 書籍『く…子ども向けタイムカプセル「…

減塩でヘルシー 「マイルド」の名を冠した国分の缶詰シリーズ、10万缶突破

減塩でヘルシー 「マイルド」の名を冠した国分の缶詰シリーズ、10万缶突破

缶つまマイルド「広島県産 かき燻製油漬け」パッケージ

写真を拡大

 近年の健康志向の高まりを受け国分グループ本社(東京都中央区日本橋1)が2月に発売した「缶つま」シリーズが、これまでに合計10万缶を販売する好調な売れ行きだ。その名は「缶つまマイルド」。ヘルシーをコンセプトに既存商品の塩分30%カットを実現した。

缶つまマイルド「広島県産 かき燻製油漬け」中味

 商品ラインナップは、「ムール貝の白ワイン蒸し風」(内容量75グラム、税別希望小売価格370円)、「広島県産 かき燻製油漬け」(同60グラム、同600円)、「国産焼鳥 直火焼 たれ味」「国産焼鳥 直火焼 塩味」(以上、同70グラム、同230円)。この4アイテムは「缶つま」シリーズの中でも人気のある既存商品だが、主原料は変えずに塩分を30%カットし、新たにマイルドシリーズとして発売した。塩分を減らしたことによる味の物足りなさは、スパイス類などを工夫することで解決したという。既存商品も継続販売する予定で、従来通りの味付けと減塩タイプから選べる。

 同社が「そのままおつまみになる缶詰」をコンセプトにグルメ缶詰「缶つま」シリーズを発売したのは2010年。「おいしい」「簡単」「便利」を追求した製品づくりで、仕事が忙しく、料理の手間をかけられない人の「家飲み」需要に応えたことが人気の理由となった。これまでに累計130アイテムが商品化されており、中には累計420万缶を売り上げた「缶つまプレミアム 広島県産かき燻製油漬け」などのヒット商品も生まれている。

 商品開発を担当したマーケティング開発部業務課の南山さんは「おつまみ缶詰で『ヘルシー』はこれまで取り組んでこなかった分野。まずは減塩タイプを発売することで、健康に気を配る中高年男性などに訴求したい」と話す。

最新ニュース

フォトフラッシュ

   神奈川県大磯町の産直市「大磯コネクト」の店頭で11月11日、島根県美郷町の食品加工メーカー「おおち山くじら」が製造する猪肉のジビエ缶詰の販売が始まった。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング