みん経トピックス

焼き鳥のホテイ 1日分のビ…木の屋石巻水産 今年は順調…

明太子味のツナ缶「めんツナ」 10万缶突破でプロントとコラボも

 長年にわたり魚介缶詰の生産量トップを誇ったツナ缶が、健康志向を背景に人気のサバ缶に抜かれた。首位の座を譲ったツナ缶だが、新しいアイデアで開発されたヒット商品も生まれている。

「めんツナ」中味

 明太子で知られる「ふくや」(福岡県福岡市)が発売した「めんツナかんかん」シリーズは、発売から約2年半で累計販売数300万缶を突破。昨年9月、姉妹ブランド「鱈卵屋(たららんや)」から廉価バージョン「めんツナ」も発売した。

 容量70グラムの食べきりサイズが現代の個食化傾向にも合致して、大手スーパーやコンビニなどでの取り扱いが活発化。発売1周年を前にした今年8月末の販売数量10万4000缶は、当初見込みの倍となっている。

 9月には飲食チェーン「プロントコーポレーション」(東京都港区)とのコラボレーションも実現した。同社が運営するカフェ&バー「プロント」全店で、同商品を使ったランチタイムメニュー「めんツナと大葉のペペロンチーノ」を提供開始。ガーリックの利いたペペロンチーノに大葉とめんツナをトッピングし、客が和えながら食べる一品に仕上げた。来年1月末までの期間限定で行う。

 本紙論説主缶(幹)の黒川勇人は「明太子の粒も入っておりコスパが高い。さまざまな料理に応用できる新しいタイプのツナ缶」と話す。

 内容量は70グラムで、価格は198円(税別)。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 健康志向を背景に大きく売上高を伸ばしているサバ缶が今春、長年の王者だったマグロ缶を抜いて魚介類缶詰トップの座に着いた。DHA、EPAを豊富に含み美容にもいいことから、缶詰を食べる習慣がなかった若い女性層にも支持されるようになり、ブームは終わる気配を見せない。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング