みん経トピックス

焼き鳥のホテイ 1日分のビ…木の屋石巻水産 今年は順調…

明太子味のツナ缶「めんツナ」 10万缶突破でプロントとコラボも

 長年にわたり魚介缶詰の生産量トップを誇ったツナ缶が、健康志向を背景に人気のサバ缶に抜かれた。首位の座を譲ったツナ缶だが、新しいアイデアで開発されたヒット商品も生まれている。

「めんツナ」中味

 明太子で知られる「ふくや」(福岡県福岡市)が発売した「めんツナかんかん」シリーズは、発売から約2年半で累計販売数300万缶を突破。昨年9月、姉妹ブランド「鱈卵屋(たららんや)」から廉価バージョン「めんツナ」も発売した。

 容量70グラムの食べきりサイズが現代の個食化傾向にも合致して、大手スーパーやコンビニなどでの取り扱いが活発化。発売1周年を前にした今年8月末の販売数量10万4000缶は、当初見込みの倍となっている。

 9月には飲食チェーン「プロントコーポレーション」(東京都港区)とのコラボレーションも実現した。同社が運営するカフェ&バー「プロント」全店で、同商品を使ったランチタイムメニュー「めんツナと大葉のペペロンチーノ」を提供開始。ガーリックの利いたペペロンチーノに大葉とめんツナをトッピングし、客が和えながら食べる一品に仕上げた。来年1月末までの期間限定で行う。

 本紙論説主缶(幹)の黒川勇人は「明太子の粒も入っておりコスパが高い。さまざまな料理に応用できる新しいタイプのツナ缶」と話す。

 内容量は70グラムで、価格は198円(税別)。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 日本百貨店(東京都港区)は5月23日、関西国際空港にオープンしたメード・イン・ジャパンの「スグレモノ」を集めたショップ「いっぴんさん。」(関西国際空港ターミナル1 3階、TEL. 072-447-5595 朝日エアポートサービス運営)の品ぞろえをプロデュースし、店舗の一角に缶詰100種類をそろえる「目指せ!日本一の缶詰売場」を登場させた。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング