みん経トピックス

「じゃこ天アヒージョ」缶 …「令和に、美味しい予缶が。…

東京・世田谷で「缶詰王国・静岡の野望に迫る」イベント 世界初の缶詰も紹介

東京・世田谷で「缶詰王国・静岡の野望に迫る」イベント 世界初の缶詰も紹介

新東名高速道・静岡SAしずおかマルシェ内

写真を拡大

 マグロ類缶詰の生産量が全国一を誇る静岡県の缶詰をテーマにしたイベント「缶詰王国“静岡”の野望に迫る!鶏からあげ缶、釜揚げしらす缶、世界初がたくさん!」が4月18日、東京都世田谷区経堂で開催された。

 イベントに参加した本紙論説主缶(幹)の黒川勇人は「静岡は清水港・焼津港で水揚げされるマグロ・カツオを原料としたツナ缶と、地元で取れるミカンを原料としたミカン缶の生産を戦前から行ってきた缶詰の先進地。最近は世界初の缶詰を相次いで生んでいて目が離せない」と話す。

 世界初の缶詰としては、山梨罐詰の「静岡釜揚しらす」とホテイフーズの鶏のからあげ缶詰シリーズから「からあげ和風醤油(しょうゆ)味」が登場。「静岡釜揚しらす」はバゲットに載せて少量のオリーブオイルと一緒に、「からあげ和風醤油味」は常温でそのまま試食した。

 その他、SSKセールスの「うまい!いわし醤油煮」の炊き込みご飯、子メロンやイチゴを使った季咲亭の「和ピクルス」も並んだ。お土産として、はごろもフーズの「キングオスカー オイルサーディン」が参加者に手渡された。

 静岡県は県内のサービスエリアなどで「缶詰王国」の名を冠した売り場展開を行っている。