みん経トピックス

岐阜県関市の平成村で「平成…東京・世田谷で「缶詰王国・…

「じゃこ天アヒージョ」缶 日本一小さな缶詰工場が商品開発

「じゃこ天アヒージョ」缶 日本一小さな缶詰工場が商品開発

「じゃこ天アヒージョ」缶パッケージ

写真を拡大

 愛媛の青木蒲鉾店(四国中央市)が4月末、「じゃこ天アヒージョ」缶を発売する。

「じゃこ天アヒージョ」缶 盛り付け例

 商品開発を手掛けたのは、京都の食の台所・錦市場の近くで日本一小さな缶詰工場「カンナチュール」を運営する食品開発コンサルティング会社「カンブライト」(京都市中京区)。昨年、同蒲鉾店の依頼を受けて商品開発とテスト販売を実施。結果が好評だったことから商品化が決定した。

 同社の井上和馬社長は「瀬戸内の新鮮な魚を原料に作った青木蒲鉾店のじゃこ天を、ニンニク、鷹の爪、オリーブオイルでアヒージョにした。酒のあてに最高の一品」と自信を見せる。

 内容量は63グラムで、価格は500円(税別)。青木蒲鉾店オンラインショップで販売する。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 宝幸(東京都品川区)は特製みそをベースに唐辛子など32種類のスパイスをブレンドした調味料「赤から」を使った鍋や鶏の焼き物などを展開する甲羅とコラボレーションしたさば缶「赤からさば」を発売した。開発担当者が店に通って赤から鍋の味を確かめ、同じ味になるまで半年以上の試作期間を経たという。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング