みん経トピックス

「令和に、美味しい予缶が。…極洋、若い世代向け新商品「…

新元号「令和」を機に 「北新地かえる」が缶詰バーへ

新元号「令和」を機に 「北新地かえる」が缶詰バーへ

サバ味噌カレーディップ(サバ缶使用)

写真を拡大 地図を拡大

 ご飯と晩酌がテーマの酒場「北新地かえる」(大阪市北区堂島1)は元号が「平成」から「令和」に変わるのを機に、従来の家庭料理を中心にした酒場から「缶詰バー」へとリニューアルする。

ニューコンサクラユッケ(ニューコンミート缶使用)

 店主の河合好子さんは企業の広報畑を渡り歩いてきたキャリアウーマンだったが、50歳を前に飲食店の開業を決意。2016年11月17日に同店を開いた。業態変更のきっかけについて、「店を続けるうちに客数が少ない日の食品ロスの問題が気になった。売り切れる日はいいが、悪天候が続くと、どうしても廃棄するものが出る。賞味期限が長い缶詰メニューを増やしてみたら、最近の缶詰は驚くほどレベルが高く、お客さまも喜ぶので、缶詰バーのアイデアが浮かんだ」と話す。

 以前から全国の蔵元とのコラボを続ける同店だが、業態変更後は、本紙論説主缶(幹)の缶詰博士・黒川勇人の書籍などを参考に缶詰のセレクトやレシピ開発を行い、日本酒と缶詰のマリアージュにも力を入れる。

北新地かえる

大阪市北区堂島1丁目3-29 新地レジャービル5F

TEL 06-6341-3933

営業時間 (月~金)17時~23時

最新ニュース

フォトフラッシュ

 国分西日本(大阪府大阪市北区)が3月に発売したチーズ入りおつまみ缶詰「缶ちぃず」シリーズに9月2日、新しく「三田ポークと大人のトマトソース」「京鴨の和風アヒージョ」の2品が加わった。いずれも地域食材をメインに使い、飲酒機会が増えている女性がターゲット。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング