みん経トピックス

極洋が秋の新商品発表 人気…「神戸ビーフ」の牛スジを使…

広島の新名物・レモン鍋 ヤマトフーズが缶詰化

広島の新名物・レモン鍋 ヤマトフーズが缶詰化

「ひろしま牡蠣(かき)の塩レモン鍋缶」パッケージ

写真を拡大

 ヤマトフーズ(広島県広島市)が、広島産のカキを使った「ひろしま牡蠣(かき)の塩レモン鍋缶」を発売した。7月30日に中国地区で先行発売し、8月27日に全国発売となる。

「ひろしま牡蠣(かき)の塩レモン鍋缶」盛り付け例

 広島県産のカキを、同社が販売する「熟成藻塩レモン」で味付けした。広島では近年、特産品のレモンを使ったレモン鍋が新たな名物になっており、今回の新商品もその一つ。同社では2017年から「ひろしま牡蠣の土手鍋缶」を販売しており、県産カキを使った「鍋缶」の第2弾でもある。

 内容量は150グラムで、カキ、鶏肉、ネギ、シメジ、ニンジンが入っており、ボリューム感がある。本紙論説主缶(幹)の黒川勇人は「地方発の新たな名物を知るきっかけになる。その役割は大きい」と話す。

 価格は500円(税別)。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 明治屋(東京都中央区)は2月1日、同社オリジナル商品「おいしい缶詰」をバレンタインに贈る義理チョコならぬ「義理カン」キャンペーンを6年目となる今年も始めた。明治屋ストアーでは、缶詰購入客に「義理カンカード」を進呈するサービスを引き続き行う。カードの裏に「でも、缶違いしないでネ!」のユーモラスな文字が添えられている。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング