みん経トピックス

東京・京橋で防災イベント …国分西日本、チーズ入り缶詰…

幅広いアレンジが可能な薫製風味のイワシ缶 極洋が発売

幅広いアレンジが可能な薫製風味のイワシ缶 極洋が発売

「いわしのオイル漬(燻製風味)」缶パッケージ

写真を拡大

 極洋(東京都港区)が8月1日、「いわしのオイル漬(燻製風味)」を発売した。

いわしオイルパスタ(盛り付けイメージ)

 DHA、EPAを豊富に含む食品ということから2017年にサバ缶ブームが起こり、サバ缶人気にけん引されるかたちで、サバと同じ青魚でDHA・EPAが豊富に含まれるイワシ缶が注目される状況が続く。

 同社では2018年春からイワシ缶の商品開発、販売に力を入れてきた。ポスト・サバ缶としてイワシ缶の売り上げは堅調に伸びており、2019年4~7月のイワシ缶の出荷数量は前年同期比117%(約1.2倍)。「いわしのオイル漬(燻製風味)」は、その流れを受け、より幅広いアレンジしやすい商品としてラインアップに投入した。

 商品開発部の相川公子さんは「より食べやすくするために、薫製の香りでアクセントを付けたオイルで煮た。原料にマイワシを使っているため、ふっくらとしていて食べ応えのあるボリュームがポイント。薫製風味が利いているので、そのままウイスキーやワインのお供になるが、家庭や飲食店でのアレンジにも使いやすい」と話す。

 「缶詰人気の理由の一つは仕込み時間を節約できる時短の要素。好きな野菜を炒めて、ゆでたパスタと『いわしのオイル漬』を加えるだけで、簡単にスモーキーな味わいのパスタができる。塩もみしたキュウリやゆでたホウレン草にさっとあえるだけで、イワシ節を思わせる、うま味たっぷりのあえ物が完成する。幅広いアレンジを楽しんでほしい」とも。

 内容量は90グラム。極洋の公式オンラインショップ「キョクヨーマルシェ」では、30缶セット3,300円(1缶当たり110円)で販売している。