みん経トピックス

国分西日本、チーズ入り缶詰…SSKセールス、青魚缶シリ…

十勝ブランドの魅力を凝縮 「いけだ牛ワイン煮」発売

十勝ブランドの魅力を凝縮 「いけだ牛ワイン煮」発売

「缶つまJAPAN 北海道池田町産 いけだ牛ワイン煮」パッケージ

写真を拡大

 国分北海道(北海道札幌市)が10月、十勝産原料を使った「缶つまJAPAN 北海道池田町産 いけだ牛ワイン煮」を発売する。

「缶つまJAPAN 北海道池田町産 いけだ牛ワイン煮」盛り付け例

10月4日から北海道池田町内で先行販売を行い、同18日、道内での販売を始める。北海道外での販売は2020年春からを予定。

十勝を代表するワインの町・池田町の「いけだ牛」は、ワイン製造時の副産物・ワインオリを加えた飼料で育てられ、霜降り度合いが高過ぎず、脂肪分が低く、肉質が柔らかい。その肉を十勝産マッシュルーム「とかちマッシュ」と一緒に十勝ワインで煮込んで仕上げた。

内容量は65グラム。価格は、北海道内=750円、北海道外=850円(以上、税別)。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 宝幸(東京都品川区)は特製みそをベースに唐辛子など32種類のスパイスをブレンドした調味料「赤から」を使った鍋や鶏の焼き物などを展開する甲羅とコラボレーションしたさば缶「赤からさば」を発売した。開発担当者が店に通って赤から鍋の味を確かめ、同じ味になるまで半年以上の試作期間を経たという。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング