みん経トピックス

高知の農業高校が「文旦」缶…青森・八戸でブイヤベースス…

ホテイフーズが「宇宙日本食」 ロゴ入り焼き鳥缶を限定発売

ホテイフーズが「宇宙日本食」 ロゴ入り焼き鳥缶を限定発売

宇宙日本食&発売50周年記念ロゴ入り やきとりたれ味

写真を拡大

 2019(令和元)年10月に「やきとり缶詰」がJAXA(宇宙航空研究開発機構)から「宇宙日本食」として認証されたホテイフーズコーポレーション(静岡県静岡市)が1月、「宇宙日本食」ロゴ入りの期間限定商品を順次、全国で発売する。

宇宙日本食ロゴ入り やきとり柚子こしょう味

 商品は「ホテイやきとり たれ味」と「ホテイやきとり 柚子(ゆず)こしょう味」の2種類。いずれも、ふたに「宇宙日本食」のロゴが入る。たれ味は1970(昭和45)年の発売から今年で50周年を迎えるため、「おかげさまで発売50周年!」の感謝メッセージも。

 本紙論説主缶(幹)の黒川勇人は「この2種類は、国際宇宙ステーション(ISS)内での食事に利用されるもの。宇宙飛行士と同じ缶詰が食べられるのはロマンがあっていい」と話す。

 全国のスーパー、コンビニエンスストア、ECサイトで扱う。出荷開始は1月以降を予定(夏頃まで)。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 2012年から毎年2月~3月に開催される「八戸ブイヤベースフェスタ」を主催する「八戸ハマリレーションプロジェクト」と八戸市、JR東日本盛岡支社が1月12日、コラボレーション事業として「八戸ブイヤベーススープ」缶を発売した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング