みん経トピックス

ホテイフーズが「宇宙日本食…南三陸おふくろの味研究会が…

青森・八戸でブイヤベーススープ缶発売 国内有数の漁港の名物として

青森・八戸でブイヤベーススープ缶発売 国内有数の漁港の名物として

「八戸ブイヤベーススープ」缶パッケージ

写真を拡大 地図を拡大

 2012年から毎年2月~3月に開催される「八戸ブイヤベースフェスタ」を主催する「八戸ハマリレーションプロジェクト」と八戸市、JR東日本盛岡支社が1月12日、コラボレーション事業として「八戸ブイヤベーススープ」缶を発売した。

「八戸ブイヤベーススープ」缶の中身

 同商品は八戸産のサバの他、タラ、エビの頭などの魚介類、トマトなどの野菜やハーブ類を使い、スパイスと煮込んだもの。八戸名物のウニとアワビの吸い物「いちご煮」缶を作る八戸缶詰グループの「三星」が製造を担当。魚介類を扱う長年のノウハウを投入したという。

 同プロジェクトの古川篤局長は「濃いめの味に仕上げているため、水分を加えると実際は3人分くらいになる。リゾットやパスタ、鍋など、さまざまにアレンジできる。国内有数の水揚げを誇る八戸の新しい名物として広めたい」と意気込みを語る。

 発売当日、恵比寿ガーデンプレイスで料理雑誌「オレンジページ」が開催した「おいしいにっぽんフェス」にブース出展。用意した300缶が3時間で売り切れた。

 価格は900円(税別)。

 JR八戸駅前の商業施設ユートリーなどで販売中。