みん経トピックス

缶詰を使った丼を競うフェス…宮城の企業がブランドガモを…

国分が「缶詰付き歴史マガジン」 デアゴスティーニとコラボ、戦国武将の食事を復元

国分が「缶詰付き歴史マガジン」 デアゴスティーニとコラボ、戦国武将の食事を復元

缶詰付き歴史マガジン「戦国武将メシ缶詰」の織田信長

写真を拡大

 デアゴスティーニ・ジャパン(東京都中央区)は7月7日、国分グループ本社(東京都中央区)と共同開発した缶詰付き歴史マガジン「戦国武将メシ缶詰」を発売する。

缶詰付き歴史マガジン「戦国武将メシ缶詰」の明智光秀

 名だたる戦国武将が食べた食事を史実に基づき復元。缶詰化したものを同マガジンの付録とした。監修は食事復元研究家の永山久夫さん。

 第1弾は織田信長と明智光秀を取り上げ、2人のストーリーを読みながら缶詰を食べることで「食から読み解く武将の性格」など、新しい切り口から歴史を楽しめるよう工夫する。同社によると、缶詰付きの歴史マガジンは日本初の試み。

 第1弾は地域限定販売で、愛知、三重、岐阜の主要書店と、名古屋の一部の小売店、デアゴスティーニ社のオンラインショップで販売。全国販売も予定している。

 価格は900円(税別)。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 黒潮町缶詰製作所(高知県黒潮町)が高知工科大学の学生と連携して、戦争に苦しむウクライナ避難民などの人道支援を目的に、高知産の食材を使ったウクライナ料理の缶詰を開発した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング