みん経トピックス

ホテイが「ゆであずき」缶発…極洋が春の新商品 ニューノ…

「ぴあ」が缶詰204種解説のMOOKを発売 本紙論説主缶(幹)黒川勇人監修

「ぴあ」が缶詰204種解説のMOOKを発売 本紙論説主缶(幹)黒川勇人監修

「おとなが愉しむ すごい缶詰の世界」(ぴあMOOK)書影

写真を拡大

 缶詰204種類の解説などを収録した「おとなが愉(たの)しむ すごい缶詰の世界」(ぴあMOOK)が1月19日、ぴあ(東京都渋谷区)から発売された。

ツナ缶「美味しいまぐろとろ油漬 お茶のかおり」 (伊藤食品)

 監修は本紙論説主缶(幹)の黒川勇人が担当。コロナ禍による内食需要の高まりに伴い注目される缶詰をテーマに編集。備蓄、宅飲み、時短調理などさまざまな観点から注目され、業界全体の売り上げがコロナ前に比べて増加中。204種類の缶詰のそれぞれに食べ方のヒントを記載したほか、ミックスビーンズ缶やサケ缶などを使ったパーティーにも使えるレシピ4品も紹介している。

 「84ページに204缶もの缶詰を紹介している宝箱のような本。移動が制限されるコロナ禍でも『ご当地缶詰』があれば旅行気分を味わえる。缶詰博士お薦めの『必食缶詰』もあり。巻末には缶詰とメーカー(販売会社)のリストがあるので缶詰マニアにも満足してもらえるはず」と黒川は自信を見せる。

 仕様はA4判、80ページ。価格は830円(税別)。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 北海道の畜産企業ノベルズグループで6次産業化、食品事業を推進するノベルズ食品(北海道河東郡上士幌町)が2015(平成27)年6月に発売した「十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ(白)」と2020年1月発売の「十勝ハーブ牛と黒胡椒で作ったコンビーフ(黒)」のシリーズが累計20万缶の売れ行きを見せている。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング