みん経トピックス

パタゴニアのサントーニャ・…アイ・ビー・シーが本マグロ…

清水食品と新宿中村屋がコラボ 「サバカリー」2種を発売

清水食品と新宿中村屋がコラボ 「サバカリー」2種を発売

清水食品と中村屋が共同開発した「サバカリー」の缶詰「インドカリー仕立て」

写真を拡大

 清水食品(静岡県静岡市)が老舗食品メーカー中村屋(東京都新宿区)と共同開発した「サバカリー」の缶詰「インドカリー仕立て」と「本格麻辣(マーラー)仕立て」の2品を4月26日から、全国のスーパーなど等で販売する。

「サバカリー」の缶詰「本格麻辣(マーラー)仕立て」

 1930(昭和5)年に日本で初めてマグロ油漬缶詰を製造した清水食品と、1927(昭和2)年にレストランを開設し、日本初の本場インドカリー「純印度式カリー」を発売した中村屋とのコラボ商品となる同品。両社の開発担当者が清水食品の工場で試作を繰り返し、納得のいく味に仕上げたという。

 本紙論説主(缶)幹の黒川勇人は「インドカリー仕立てはココナツのコクと甘さの中に辛味がある。本格麻辣仕立てはしびれるような辛味が特徴。どちらもスパイスの香りが豊かで、脂がのったサバのうま味を引き出している」と話す。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 黒潮町缶詰製作所(高知県黒潮町)が高知工科大学の学生と連携して、戦争に苦しむウクライナ避難民などの人道支援を目的に、高知産の食材を使ったウクライナ料理の缶詰を開発した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング