みん経トピックス

【トレンド缶】鹿児島・南海…中性脂肪を下げる機能性表示…

SSK「うまい!秋刀魚醤油煮」を使って「さんまのはりはり」

 秋の味覚の代表格サンマ――鮮魚を自宅で調理するのは苦手という人も、スーパーやコンビニで購入した缶詰を使えば、いつでもおいしく食べられる。

SSK「うまい!秋刀魚醤油煮」缶

 今回紹介するのは、本紙論説主缶(幹)の缶詰博士、黒川勇人のレシピ「さんまのはりはり」。使うのは、缶詰製造開始から89年を誇るSSKセールス(静岡県静岡市葵区)の「うまい!秋刀魚醤油煮」。国内水揚げのサンマを原料に、宮城県の「ヤマカノ醸造」製オリジナルしょうゆを使用。化学調味料は使っていない。

 「さんまのはりはり」の材料は以下の通り。

 ・秋刀魚醤油煮 1缶(2~3人分)

 ・水菜(ざく切り) 1束

 ・大根(千切り) 1/8本

 ・ごま油 小さじ2

 ・ラー油 小さじ1

 ・炒りごま白 小さじ1

 作り方は、(1)~(3)の手順で行なう。

 (1)サンマは缶汁を切って一口大にほぐす(缶汁は取っておく)

 (2)缶汁に、ごま油とラー油を加えてよく混ぜる

 (3)器に大根、水菜、(1)を盛りつけて(2)をかけ、白ごまを散らせば缶成

 簡単な準備と手間で、食卓や家飲みの一品となる缶詰メニュー。自宅でもぜひ試していただきたい。

 缶詰の内容量は100グラムで、価格は160円(税別)。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 健康志向を背景に大きく売上高を伸ばしているサバ缶が今春、長年の王者だったマグロ缶を抜いて魚介類缶詰トップの座に着いた。DHA、EPAを豊富に含み美容にもいいことから、缶詰を食べる習慣がなかった若い女性層にも支持されるようになり、ブームは終わる気配を見せない。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング