みん経トピックス

SSK「うまい!秋刀魚醤油…累計販売数9億超 アウトド…

中性脂肪を下げる機能性表示食品「減塩さんま蒲焼きN」 マルハニチロが発売

 健康志向の高まりを受けヘルシーな缶詰の商品開発に力を入れるメーカーが増える中、マルハニチロ(東京都江東区)が9月1日、中性脂肪を低下させる機能性表示食品として「減塩さんま蒲焼きN」を発売した。

「減塩さんま蒲焼きN」盛りつけ例

 内容は、ロングセラー商品「さんまの蒲焼」の塩分を25%カットしたもの。従来の「さんまの蒲焼」は、ここ数年の総菜需要の増加とともに売り上げが伸びており、昨年度(2017年4月~2018年3月)の販売総数は約2100万缶を記録。今回の「減塩さんま蒲焼きN」は、健康という付加価値を加え、さらなる需要の開拓を目標に据える。

 みんなの缶詰新聞論説主幹・黒川勇人は「さんま蒲焼き缶など、青魚を原料とした缶詰は中性脂肪を低下させるDHA、EPAを豊富に含むため、元々そのヘルシーさが支持される理由の一つ。これに減塩の要素が加わることにより、現代人の心をさらにつかむのでは」と話す。

 内容量は100グラムで、価格は220円。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 健康志向を背景に大きく売上高を伸ばしているサバ缶が今春、長年の王者だったマグロ缶を抜いて魚介類缶詰トップの座に着いた。DHA、EPAを豊富に含み美容にもいいことから、缶詰を食べる習慣がなかった若い女性層にも支持されるようになり、ブームは終わる気配を見せない。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング