みん経トピックス

ヘッドラインニュース

アイ・ビー・シーが本マグロを使ったツナ缶の販売を加速

アイ・ビー・シーが本マグロを使ったツナ缶の販売を加速食品商社のアイ・ビー・シー(東京都中央区)は、チュニジアから輸入する「本まぐろ・オリーブオイル漬け缶詰」(ツナ缶)の販売…

清水食品と新宿中村屋がコラボ 「サバカリー」2種を発売

清水食品と新宿中村屋がコラボ 「サバカリー」2種を発売清水食品(静岡県静岡市)が老舗食品メーカー中村屋(東京都新宿区)と共同開発した「サバカリー」の缶詰「インドカリー仕立て」…

パタゴニアのサントーニャ・サバ缶に新商品

パタゴニアのサントーニャ・サバ缶に新商品アウトドア企業・パタゴニアが販売する「サントーニャ・サバ」缶に3月、新商品が加わった。

木の屋石巻水産が「金華さば醤油煮」を復活 東日本大震災から10年の節目に

木の屋石巻水産が「金華さば醤油煮」を復活 東日本大震災から10年の節目に木の屋石巻水産(宮城県石巻市)の「金華さば醤油(しょうゆ)煮」が3月8日、10年ぶりに復活した。

極洋が春の新商品 ニューノーマルに合わせた食品を追求

極洋が春の新商品 ニューノーマルに合わせた食品を追求極洋(東京都港区)が3月1日、新しい缶詰を発売した。

「ぴあ」が缶詰204種解説のMOOKを発売 本紙論説主缶(幹)黒川勇人監修

「ぴあ」が缶詰204種解説のMOOKを発売 本紙論説主缶(幹)黒川勇人監修缶詰204種類の解説などを収録した「おとなが愉(たの)しむ すごい缶詰の世界」(ぴあMOOK)が1月19日、ぴあ(東京都…

ホテイが「ゆであずき」缶発売へ 手軽に和風デザートやぜんざいを

ホテイが「ゆであずき」缶発売へ 手軽に和風デザートやぜんざいをホテイフーズコーポレーション(静岡県静岡市)が3月1日、「ゆであずき」缶を全国発売する。

ホテイフーズの「やきとり」缶が宇宙へ 国際宇宙ステーションの食事として

ホテイフーズの「やきとり」缶が宇宙へ 国際宇宙ステーションの食事としてホテイフーズコーポレーション(静岡市清水区)の「ホテイやきとり(たれ味)宇宙用」「ホテイやきとり(柚子こしょう味)宇宙用…

塩分25%カット 極洋が健康志向のイワシ缶発売

塩分25%カット 極洋が健康志向のイワシ缶発売健康志向の高まりを受けヘルシーな缶詰の商品開発に力を入れるメーカーが増える中、極洋(東京都港区)が12月1日、塩分を従来…

日本百貨店がカンダフルプロジェクト開始 缶詰の移動販売車も稼働

日本百貨店がカンダフルプロジェクト開始 缶詰の移動販売車も稼働日本百貨店(東京都港区)が新しい缶詰の売り方をプロデュースする「カンダフル」プロジェクトを始めて1カ月半がたった。

おいしい防災食を競うフェス 缶詰普及プロジェクト「カンフェス」がオンライン開催

おいしい防災食を競うフェス 缶詰普及プロジェクト「カンフェス」がオンライン開催缶詰普及プロジェクト「カンフェス(缶謝祭)」が9月1日から、「おいしい防災食」をテーマにオンラインイベントを開催している。

ホテイ、肉じゃがなど和総菜缶2種類を秋冬向けに コロナ時代の家庭用に

ホテイ、肉じゃがなど和総菜缶2種類を秋冬向けに コロナ時代の家庭用にホテイフーズコーポレーション(静岡県静岡市)が9月1日、2020年の秋冬新製品として「肉じゃが」と「かつお生姜(しょうが…

アバランチが高級サバ缶の新作 夏向きのマリネ仕立て

アバランチが高級サバ缶の新作 夏向きのマリネ仕立てアバランチ(大阪府大阪市)の高級サバ缶「No.38」シリーズに6月26日、新たに「No.38 MILD SOUR MAR…

宮城の企業がブランドガモを缶詰化 地元産品を全国に発信

宮城の企業がブランドガモを缶詰化 地元産品を全国に発信宮城県角田市で地元食材を使うレストラン経営や観光業などを手掛ける「veeell(ヴィール)」が6月、地元のブランドガモ「…

国分が「缶詰付き歴史マガジン」 デアゴスティーニとコラボ、戦国武将の食事を復元

国分が「缶詰付き歴史マガジン」 デアゴスティーニとコラボ、戦国武将の食事を復元デアゴスティーニ・ジャパン(東京都中央区)は7月7日、国分グループ本社(東京都中央区)と共同開発した缶詰付き歴史マガジン…

<<最初へ      前へ      1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ      最後へ>>

最新ニュース

フォトフラッシュ

 宝幸(東京都品川区)は特製みそをベースに唐辛子など32種類のスパイスをブレンドした調味料「赤から」を使った鍋や鶏の焼き物などを展開する甲羅とコラボレーションしたさば缶「赤からさば」を発売した。開発担当者が店に通って赤から鍋の味を確かめ、同じ味になるまで半年以上の試作期間を経たという。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング