みん経トピックス

銀座のアンテナショップに高…日本一小さな缶詰会社の「牡…

「防災の日」に出汁の缶詰と防災米のコラボイベント

「防災の日」に出汁の缶詰と防災米のコラボイベント

温めた「うまだし缶」を注ぐと、15分で出しご飯ができる。

写真を拡大 地図を拡大

 1923(大正12)年に発生した関東大震災に由来する「防災の日」の9月1日、東京駅八重洲口の飲食店「日本百貨店さかば」(東京都千代田区、TEL 03-6206-3533)で土曜恒例のパーティーイベントが「おいしい防災食」をテーマに開催される。

カゴメの防災用缶入り野菜ジュースとアルファ化米のコラボメニュー

 防災に関心の高い3社が協賛する同イベント。お湯や水を注ぐだけでふっくらしたご飯ができるアルファー食品の「安心米」に、カゴメの5年間長期保存可能な缶入り野菜ジュースを加えて作るパエリア風ライス、「やまや」の缶入り出汁(だし)「うまだし缶」を加える出汁ご飯など、約十種類の防災コラボメニューを用意する。食事はビュッフェ形式で提供し、食べ放題。

 アルファー食品の町田部長は「被災すると体力だけでなく、精神的にもつらくなる。だからこそ防災食は、おいしく食べてほしい」と話す。

 開催時間は17時~21時30分。入場料はチャージ2,000円+ドリンク。

最新ニュース

フォトフラッシュ

 健康志向を背景に大きく売上高を伸ばしているサバ缶が今春、長年の王者だったマグロ缶を抜いて魚介類缶詰トップの座に着いた。DHA、EPAを豊富に含み美容にもいいことから、缶詰を食べる習慣がなかった若い女性層にも支持されるようになり、ブームは終わる気配を見せない。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング